ようこそゲストさん

符号理論@千葉大学

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■ 「符号理論 〜デジタルコミュニケーションにおける数学〜」。
□ 好評発売中!
■ 携帯電話、ブルーレイ、フラッシュメモリなどの信頼性を高める
□ 符号理論を数学的視点から解説。
■ 
□ 出版社による公式リンクはこちら。
■ 

メッセージ欄

分類 【未分類】 で検索

一覧で表示する

2011/01/28(金) One Two Three Four Five Six ぽーん

未分類
KARAではギュリが一番かわいいと思う。

曲「ミスター」で
おしり振ってるときの歌詞は何なのか
教えて下さい。

歌詞カードでは
 La La La La La La
になってるけど
曲をきいてると
 ふんじゃらら ふんじゃらら
に聞こえる。

お寿司ではガリが一番おいしいと思う。
 ふんじゃらら ふんじゃらら
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ブログ、移転のお知らせ

最新の記事は【こちら】を御覧ください。

2010/11/18(木) 諸分野との協働による数理科学のフロンティア

未分類
11月17,18,19日の期間、
京都大学数理解析研究所(RIMS)にて
共同研究集会「諸分野との協働による数理科学のフロンティア」が開催されております。


17日&18日午前のテーマは符号理論と数学の協働です。

私は招待をいただき、講演させて頂きました。
内容は量子誤り訂正符号の入門的な話です。
基礎事項を丁寧にしゃべりすぎて、
私のオリジナル結果を紹介する時間が
少なくなってしまった(笑

さて、私は情報側興味から符号理論を研究している
という立場で講演しました。

他の講演者は、数学的な興味から符号理論を研究している
という立場でした。
そこで、集会の参加者から興味深い意見が出ました。
「(数学的な興味から)符号理論を研究するとき
 最小距離(と呼ばれる概念)ばかりを注視している
 ように感じられる。
 他の概念からは捉えないのか」
要約するとこういう意見でした。


僕はこの考え方に深く同意しています。
そして、その考えに基づいてこれまで研究し、
今回の講演では
 「情報側からの量子符号理論」
という内容を扱いました。


数学的な興味での符号理論は
最小距離ばかりに興味を奪われて
本質的な議論である「誤り訂正符号のゴール」が何か
忘れてしまっているようにみえます。

今後の数学からのアプローチは
 研究の出発点を仕切りなおす必要があるのでは
と僕は考えています。


だからこそこれまで僕は、
 情報側の立場から
 符号理論を通じて
 新たな数学をつくるべき時代なのでは
と考えて、研究してきています。


今回の研究集会で
そのようなメッセージが拡がればいいなと
感じています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ブログ、移転のお知らせ

最新の記事は【こちら】を御覧ください。

2010/03/26(金) おかしい

未分類
過去の日記が消えた?

追記:
記事だけ復活。
もろもろの設定が消えている。

追記:
もろもろの設定も復活。
ふぅ。
大変でした。

追記:
原因は、
日記記事のデータがまとめられている
index.dat
なるファイルがおかしくなった為でした。
そこで、
 index.datを削除し、
 ブログに再アクセス。
以上で記事が復活。
それだけだと分類などの関連設定は戻らなかった。
そこで、日記を適当に更新。
すると戻りました。
よかったよかった。

参考にしたのはこちらのサイトでした。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ブログ、移転のお知らせ

最新の記事は【こちら】を御覧ください。

2009/06/21(日) コナコーヒー ダッチコーヒー

未分類
コーヒーとドーナツの食べ合わせが最強なのは、
デイル・クーパー好きなら誰でも影響を受けた事実に他ならない。


ドーナツショップ「DOUGHNUT PLANT」では、
ハワイ島コナのコナコーヒーをアイスコーヒーで提供してくれる。

コナコーヒーとドーナツのセットで500円!

高ぶる気持ちを抑えられず、
あぁこれこれ、
と珠玉のひとときを過ごしたのは昨日の恵比寿駅でのできこと。

9月15日までの限定メニューだ。
コーヒー好きは試して損なし。



ところで、1週間前のこと。
僕の愛したコーヒーが1つ消えてしまった。
JR秋葉原駅の高架下の喫茶店「古炉奈」が閉店した。
秋葉原駅のすぐ近くにありながら、
昭和の香りで一杯のたたずまいをしたその店では、
本格的なダッチコーヒーを提供してくれていた。

その味わいは際限なく深く、
ひとたび口に運べば、
ブランデーと間違う程の豊富な香りが口中一杯に広がる。
これは本当にコーヒーなのかと疑う程だ。
まさに極上。

極上のコーヒーを飲む機会が減る悔しさ。
お店は非常に流行っていたのに、
もったいない。
秋葉原再開発の影響だろうか。

お店のスタッフには若い人が居なかったのも特徴だ。
どの方も落ち着いた雰囲気が漂う、
いかにも、こだわりの喫茶店、という言葉がピッタリであった。

なくなった店のことを書いても仕方ないのだが、
その店が形態を変えて復活するかもしれないとの噂がある。

噂と言うか、
お店の公式HPに描かれているので間違いないだろう。

 ゲームに登場するヨーロッパの世界観をイメージしたレストランに変わります。
 ゲーム性のあるイベントも用意。

とのこと。まさに意味不。
昭和の香りの喫茶店からどれだけ
様変わりするつもりだろう。

あのダッチコーヒーは戻って来るのか。

不安と期待で一杯だ。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ブログ、移転のお知らせ

最新の記事は【こちら】を御覧ください。

1: エミオ 『コロナ、消えちゃったんですね〜。 ちょうど1年前、妹と一緒に秋葉原に行った帰りにお茶をしようと立ち寄ったのがコロナでした。 有...』 (2009/06/21 24:50)

2: manau 『エミオがそんなにアキバ通だったなんて。 感慨深いものです。』 (2009/06/22 21:51)

2008/10/27(月) 10分間のむずガユイ話

未分類
テレビ番組で「1分間の深イイ話」ってあるけど、
「10分間のむずガユイ話」とかあったら嫌だな。

なんて、思案するぞがここぞかし。

例)
  • 洋画の話をしているけど、出演者の名前が微妙に間違っている。
  • 洋画の話をしているけど、「ほらあの人、出演者の名前をアレに出ていた人」と言う。
  • 女の子同士が、あなたのほうが可愛い、って言い合う。
  • 子供が棚の上にあるものを取ろうとしてる。
  • 矢ガモ。
  • 背中がかゆい話。
  • いずみもとやの言い訳。


矢ガモは違うな。
でろんでんろー。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ブログ、移転のお知らせ

最新の記事は【こちら】を御覧ください。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ブログ、移転のお知らせ

最新の記事は【こちら】を御覧ください。