ようこそゲストさん

符号理論@千葉大学

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■ 「符号理論 〜デジタルコミュニケーションにおける数学〜」。
□ 好評発売中!
■ 携帯電話、ブルーレイ、フラッシュメモリなどの信頼性を高める
□ 符号理論を数学的視点から解説。
■ 
□ 出版社による公式リンクはこちら。
■ 

メッセージ欄

分類 【シンガポール】 で検索

一覧で表示する

2011/01/19(水) シンガポールで食べたお寿司

昨年末に訪れたシンガポール。
シンガポールの食事情はとても国際的。
貿易に力を入れている国だから、
各地の料理が取り入れられている。

和食も人気料理の一つ。
おいらは「お寿司」を頂きました。

頼んだのはエビフライの巻物。
海が近いからゆえに
魚介類はとても味が良い。
エビフライは海苔に包まれていました。
その上でごはんに巻かれている。
きっと、衣がしっとりしない為の心遣い。
なんてホスピタリティ。

エビフライに海苔が使われている代わりに、
ご飯を巻いているのはマンゴの薄切り。

海苔巻きの外見って、海苔の黒色でみためがおとなしくなりがち。
でも、マンゴを使うことで黄色く輝きます。
マンゴの甘みがご飯にぴったり。

トッピングでワサビのゼリーが振りかけられていました。
この緑色と爽やかな辛味が絶妙。

日本のお寿司は遅れてることを実感しました。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ブログ、移転のお知らせ

最新の記事は【こちら】を御覧ください。

2010/12/30(木) シンガポール名物料理

シンガポールの名物料理といえば
「チキンライス」
という食べ物らしい。

どこのガイドブックを開いても、
「チキンライスを食うべし」
の文字をみかける。


日本のチキンライスと言えば、
オムライスのたまごを外したもの
というイメージ。

しかし、
シンガポールは違う。

鳥のスープで炊いたご飯 + ゆでた鶏肉。
この上に好みでチリソースや醤油をかける。



実際食べてみたところ、
はんぱなく美味い。


スープで炊かれたご飯の上品さに加え、
ゆでた鶏肉の柔らかさがたまらない。

毎食食べたくなる美味しさ。


価格(僕が食べたお店)は、
一人前 3.8シンガポールドル。
日本円に換算すると 250円くらい。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ブログ、移転のお知らせ

最新の記事は【こちら】を御覧ください。

1: innsi 『うーん。。。子供の頃行ったときは食べた記憶が無いです。。。 なんか悔しい! 独り言 次行ったときはビールと一緒にたべよう。』 (2010/12/31 8:23)

2: manau 『もちろん、ビールはタイガーですね。』 (2011/01/01 11:00)

2010/12/29(水) シンガポールで結婚披露宴

MIT(アメリカ、ボストン)でポスドクをやっている友人の結婚式・披露宴に参加させて頂きました。

結婚式・披露宴は新郎の出身地であるシンガポールで開催されました。


新郎の出身地はシンガポール。
新婦の出身地は千葉市。

そうさ、国際結婚さ。


シンガポール流の結婚式ということで
日本の文化との違いを楽しんできました。

結婚式&披露宴は
シンガポール式+日本式+彼らのオリジナル
という雰囲気。

新郎新婦や親族による楽器の演奏とか、
二人の出会いのプレゼンテーションとか、
ちょっとしたゲームとか。

驚いたのは、
シンガポール側の出席者は
おなかが満たされると帰ってしまうこと。

披露宴の途中でも、
満腹になったら帰ってしまう。

全体で約3.5時間の披露宴でした。
シンガポールの人たちは、最初の1時間ちょっとで帰ってしまいました。(ぉ

日本とは大違い。
世界って面白いね。


おいらは友人代表(?)ということで
スピーチをさせて頂きました。

英語で準備をしていたのですが、
本番では日本語で話しちゃいました。

出席者の半分が日本人だったため、
日本語で話したほうが良い雰囲気だったのです。

ちなみに、新郎は日本語ペラペラなのです。
僕が新郎と遊ぶ時は、
ほとんど日本語、時々英語でコミュニケーションする関係なのです。


お二人とも末永くお幸せに。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ブログ、移転のお知らせ

最新の記事は【こちら】を御覧ください。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ブログ、移転のお知らせ

最新の記事は【こちら】を御覧ください。