ハワイフード 萩原’s ベスト Part 2「かき氷」「ハンバーグ」「刺身」編

お待たせしました。萩原です。

萩原がハワイに住んでいた
2022年8月~2023年7月。
この期間に萩原が舌鼓を打ったハワイのベストフード
を紹介するこの企画。
ついに2回目を迎えました。

今回紹介するのは「かき氷」「ハンバーグ」「刺身」。
それぞれの1番を紹介しますよ。

あくまで、萩原の好みです。

ベスト かき氷 Island Snow です。

常春の世界ハワイでもかき氷は大人気。現地では Shave Ice と呼ばれてます。
Island Snowはカイルアエリアに2軒あるかき氷のお店。

特徴は
・氷がフワフワ
・数十種類あるハワイらしいシロップから、追加料金無しで3つまで選べる
・追加料金なしでバニラアイスクリームをフワフワ氷の下に忍ばせられる

(ちなみに、ハワイのかき氷には「フワフワ派」と「コチコチ派」があります。お店によってスタイルが異なります。)

ベスト ハンバーグ The Nighthawkのハンバーグ です。

ハワイのハンバーグ系の料理と言ったら「ロコモコ」と「ハンバーガー」。「ハンバーグステーキスタイル」はマイナーな存在(失礼!)。

萩原のおススメはダウンタウンエリア、サウスキングストリート沿いにある「The Nighthawk」というお店のハンバーグ。
お肉が美味しい、ソースが美味しい、周囲を飾るソーセージも美味しい。

The Nighthawkの外観や内装は、イギリス系のパブ。食事としては入りづらい雰囲気。ですが、実はフード系が美味しいお店です。
ちなみにここのお店のウリは「揚げ角煮の丼」。がっつりフード系のメニュー。
角煮のソースはスイートチリ。
日本じゃ見かけない組合せかも。そもそも、揚げた角煮って珍しい。
揚げ角煮の写真はこちら↓。

The Nighthawkの揚げ角煮
Keeaumoku Seafoodのお刺身

ベスト 刺身 Keeaumoku Seafoodの刺身 です。

ハワイはマグロが美味しい地域。日本では高級品として扱われるハワイのマグロですが、現地では頑張れば手が届く価格帯で販売されてます。

Keeaumoku Seafoodは、Keeaumoku通り沿いにある刺身やポケなどを扱うテイクアウトのお店。アラモアナショッピングセンターから、内陸側に10分程歩く距離感。

写真は手前から、アヒ(ハワイ語でマグロのこと)、サーモン、ハマチ、サーモン。

ハワイのマグロは赤身が美味しい。赤見の持つアミノ酸の旨味がギッシリつまってます。特に、この店のマグロは質が良い。
サーモン、ハマチは脂がのっていて、コッテリを味わえます。

と言うわけで、萩原’ベスト「かき氷」「ハンバーグ」「刺身」を紹介しました。
食べたことある方には「納得!!」と感じるチョイスと自負してます。

次回は「キムチ」「クレープ」「ステーキ」編。
お楽しみに。


Editorに就任しました:International Journal of Mathematics for Industry

数学の国際論文誌「International Journal of Mathematics for Industry」(以下、IJMJ)。
Editorとして協力させて頂くことになりました。

こんな特徴のジャーナルです。

  • 2009年創刊で、数学と産業応用の双方向の相互作用を強化することを目的とした国際学術誌。
  • オープンアクセス。
  • 採択された論文の出版費用はすべて九州大学マス・フォア・インダストリにより賄われ、著者は論文処理費用を支払う必要がない。
  • Impact Factor、CiteScore、Source Normalized Impact per Paper (SNIP)が発表されている。
  • 査読プロセスがしっかりしていて、掲載された論文のクオリティが信用できる。

 

Editorial Boardの構成は3段階。
Editor-in-ChiefがMasato Wakayama。
続いて、Subject Editorが10名。
そしてEditorが26名。
私はEditorに選任頂きました。

IJMJのホームページは
https://www.worldscientific.com/worldscinet/ijmi
です。

符号理論周りで投稿されれば、私がEditorとして担当すると思います。

皆様からの投稿をお待ちしてます。


ハワイフード 萩原’s ベスト Part 1「モチコチキン」「ドーナツ」「炒飯」編

アロハ!萩原です。

ハワイ長期滞在2回目がもうすぐ終わります。
今回も良い人たちに恵まれて素晴らしい時間を過ごせています。

あいにくの円安ドル高。
外食は殆どできませんでした。
しかもハワイの物価は異常なインフレ。

そんな中で、
美味しい食べ物に出会ったときの喜び。
生き返った気分でした。

というわけで、
2022年8月~2023年7月の
萩原の好みで選んだベストフード
を紹介します。

このフードで一番僕の好みだったのはコレ!
って具合に紹介します。

ベスト モチコチキンL&L Hawaiian Barbecue

モチコチキンはハワイのローカルフード。
米粉ベースの衣のから揚げです。小麦粉ベースに比べて、甘味を感じやすい味わい。

L&L Hawaiian Barbecueは、ハワイローカルのランチプレートのチェーン店。
ハワイではあちらこちらで見かけるお店。

他のお店のモチコチキンよりも、衣がほんの少し甘いところが特徴的。
サクッと&カリッとの中間の食感。

L&Lで注文するとき、メニューボードにはMiniとRegularの2通りが書かれています。
違いはお米の量。Miniで1.5人前くらい、Regularで2.5人前くらいのボリューム。
メニューにはありませんが、「Side」として注文すると、お米無しでチキンをタップリにしてくれます。持ち帰ってビールと一緒に楽しむと最高。

ベスト ドーナツBEET BOX CAFE

BEET BOX CAFEはカイルアにあるカフェ。
健康志向のフードとドリンクで人気のお店。
アサイボールはフルーツタップリ。
お肉料理が無いので、ベジタリアン向けと思われているようです。
ハンバーガーは肉の代わりにビーツ&ブラウンライスベース。
その美味しさは 2022 Yelpのハンバーガー全米トップ100に選出されている程。

そんな味の良いカフェで、萩原がお薦めするのがドーナツ。
だって、もう、見た目で惚れちゃうもん。
もちろん、味も良い。

生地の茶色はカカオパウダー。
コーティングの紫はウベ(ハワイ語で紫芋のこと)。
コーティングの白はココナッツミルク。
南国感たまらんね。

ベスト 炒飯Eggs ‘n Thingsのカポレイ店

Eggs ‘n Things は卵料理のお店。
オムレツ、チャーハンなどの卵料理をメインにしつつ、パンケーキも扱っているチェーン店です。日本にも出店してます。
オアフ島の西側 カポレイ というエリアの支店には限定メニューが。
それが、スパイシーチャーハン。
ハラペーニョ入り。

辛さが旨くて、止められない。必ず注文してしまう。悪魔の一品。ふふふふふ。

というわけで、今回は「モチコチキン」「ドーナツ」「炒飯」の3品のベストを紹介しました。あくまで、萩原の好みです。
次回は「かき氷」「ハンバーグ」「刺身」を紹介します。