情報数理学特論 I 第09回

第9~12回は
 動画「Secret Sharing Explained Visually 」
の内容を学びます。

第12回の終わりに課題を出します。
指示に従い提出して下さい。

必要に応じて
 「字幕」を利用したり、
 「再生速度」を調整して、
内容を理解していきましょう。

以下、動画を理解する為のヒントを記載します。

第9回は
動画の
 最初~2:00
の理解を目指します。

■0:01~0:30

secret sharing は 秘密分散 と訳されます。情報セキュリティ分野の研究テーマの一つであり、プロトコルの一つです。

solution は ソリューション のことです。就職すると耳にすることの多い日常用語です。

access は 情報に対する権限 を指しています。あなたは情報Xに対してfull accessを持っていると言うと、情報Xを読んだり、情報Xを書き換えたり、情報Xをコピーしたり、情報Xを削除したり、と色々な操作が許されているという意味になります。

consensus は コンセンサス のことです。専門用語ではなく、日常用語です。


■0:31~1:00

key は 情報にアクセスするための鍵 のことです。例えば「ひらけゴマ」という呪文が有名です。

method は 手段 のことです。具体的なやり方、ということです。

partial information は 部分情報 と訳されます。非常に抽象的な概念です。例えば情報「あいうえお」に対して「あいう」も部分情報ですし、「ひらがな」とか「5文字」なども部分情報と扱われることがあります。情報理論的に説明すれば、相互情報量が0でない情報と捉えられます。

digit は 桁 という意味です。eight digit は8桁という意味になります。ちなみに形容詞形は digital (デジタル)です。digitalの意味はみなさん自身で英和辞典を使って調べて下さい。誤解されやすい単語です。


■1:01~1:26

さてここで、鍵を知るには10000通りもしくは100000000通り試せば良いという話になっています。その理由は把握できていますか?

perfect secrecy という単語が出てきました。完全秘匿性です。暗号理論でも情報セキュリティでも用いられる専門用語です。動画で定義を述べています。しっかり理解しましょう。定義にはエントロピーを用いる流派ことが、しばしばあります。

leak は 漏洩 という意味です。暗号文から平文の部分情報が漏洩する、といった意味合いで用いられます。


■1:27~2:00

ここでの image は 画像 という意味です。

ここでの recover は 元に戻す という意味です。

subtract は 引き算する という意味です。引き算は二元体上の足し算と考えれば想像しやすいと思います。

以上を踏まえて、動画の最初から2:00までを繰返して視聴してみましょう。

知らない英語表現がある場合は、メモを取るなどして、いつでも書けるように慣れましょう。