100年後の電子情報通信技術

講演案内ですよ~。
電子情報通信学会より講演依頼を頂きました。

数学と電子情報通信の未来についてお話させていただきます。

 

大会委員会企画セッション TK-1. 100年後の電子情報通信技術

日時:3月20日(水) 13:00-16:55
会場:早稲田大学 西早稲田キャンパス 54号館 402教室
プログラム:
https://www.ieice-taikai.jp/2019general/jpn/webpro/_html/tk.html#tk_1

13:00-13:05 開会挨拶
 基礎・境界ソサイエティ会長・岡 育生(大阪市大)、NOLTAソサイエティ会長・神野健哉(東京都市大)

13:05-13:30 「電子情報通信と数学 ~基礎・境界の視点から~」 萩原 学(千葉大)
13:30-13:55 「電子情報通信と数学 ~非線形方程式の計算機援用証明~」 大石進一(早大)
13:55-14:20 「100年後の未来に向けた通信技術の進化」 岡崎義勝(NTTネットワーク基盤技術研)
14:20-14:45 「100年後の社会的課題解決に向けた情報通信技術開発の方向性」 三宅 功(NTTデータ先端技術)

14:45-14:50 前半終了挨拶/通信ソサイエティ会長・漆谷重雄(NII)

14:50-15:05 -----休憩(15分)-----

15:05-15:10 後半開始挨拶/エレクトロニクスソサイエティ会長・粕川秋彦(古河電工)

15:10-15:35 「超長期保管メモリシステムの必要性とその展望」 小林敏夫(芝浦工大)
15:35-16:00 「量子情報科学の世紀」 中村泰信(東大)
16:00-16:25 「脳科学が拓く未来の情報通信」 神谷之康(京大)
16:25-16:50 「ディジタルサイボーグ」 稲見昌彦(東大)

16:50-16:55 閉会挨拶/情報・システムソサイエティ会長・相澤清晴(東大)

---------------------------------------------------------------

sita-ml: 770 セミナーのご案内

SITAメーリングリストの案内を転載します。

講演しますよ~

セミナー開催のご案内

日時: 2019年3月11日(月)13:00〜17:00
場所: 広島県広島市安佐南区大塚東3-4-1
    広島市立大学 情報科学部棟別館6階 交流ラウンジ
    https://www.hiroshima-cu.ac.jp/content0005/ (13番の建物です)

題目: Formal Concept Analysis 勉強会
講師: 萩原学先生(千葉大学)
概要:
 Formal Concept Analysis (FCA)はデータ解析の数学的手法です。
数学の中でも、代数学・離散数学の対象である束論(Lattice Theory)を
基礎としています。
FCAを用いると、データの対象と性質に離散的な順序構造が入ります。その
構造をHasse図と呼ばれる枠組みで図示することにより、データを視覚的に
捉えられるようになります。
今回はFCAの基礎となる数学の定義や諸性質について述べ、
参加者と一緒に、具体的なデータを視覚化していく予定です。
——————————


参加登録は必要ございませんが,
セミナー終了後に講師の先生を囲んだ食事会を予定していますので,
食事会に出席をご希望の方は3月9日までにご連絡いただければ幸いです.

皆様のご参加をお待ちしております.

 


コロラド州の話:2018年6月

6月後半の2週間、米国コロラド州に行ってました。

1週間は、国際シンポジウム ISIT2018への参加&講演の為。
もう1週間は、コロラド大学教授 R.M.Green氏との研究打ち合わせの為。

どちらも素晴らしい時間でした。


今回のISITの会場は、コロラドのVailという地区でした。
標高2500メートルというかなりの高地。
冬ならスキーを楽しむのにもってこいの場所。

ちなみに、高度のせいで、あっという間に酒が体に染み渡ります。
ビール一杯でフラフラします。


ISIT2018は、私にとってとっても良い時間でした。
強いてあげると、こんなポイント。
・ポストモダン符号理論の輪郭を再確認できた。
  特に、「MDS符号の持続的な拡がり」を実感しました。
  すとらぐらーとか。
・話したいと思っていた人たちと、会話する機会を得た。
  Yaakobiとは昨年に引き続き今年も話せたし、
  FarnoudやJiangとは初めてちゃんと挨拶できた。いつも、メールでお世話になってました。
  海外の人との繋がりを深めるのは、国際シンポジウムの醍醐味だと思う。
・来年のシャノン賞はPolar符号でお馴染みのArikanへ。

来年のISIT2019はパリ。
楽しみだなぁ。


コロラド大学、ボールダー校は
本当に綺麗な大学でした。
周辺の街並みも快適でした。

正直、何度も行きたい場所です。


大学の外から。


大学の中。


数学科の建物。

数学科の「Lie理論セミナー」にて、
符号理論の講演をさせて頂きました。
https://math.colorado.edu/seminars/?date=2018-06-26
↑概要はこちら


最後におまけの写真を2枚。


ISITの会場(Hotel Talisa)のルームプレート。
ホテルのロゴは、コロラドの山が3つ重なったデザイン。
漢字の山がどうやって生まれたかを思い出しました。


クラフトビール飲み比べセット。
デンバー市街のUnion駅の近くの地ビールレストランにて。

コロラド州には、地ビールレストランが沢山あります。
全米の州の中で5番目に多いらしいですよ。

いろいろな店で地ビール飲み比べをしました。
どれも、とっても、美味しかったです。