進化する符号理論:書籍:2016年9月9日発売

私が編者の書籍「進化する符号理論」(日本評論社)が発売となりました。

一般的な符号理論の書籍で触れられることのなかった話題が
ゴロゴロ掲載されています。

写真やイラストが多くて、
眺めているだけでも楽しい一冊です。

章立ては


はじめに
第1部 符号理論の基礎
第1章 音楽,文字や動画も数学◎萩原 学
第2章 巡回符号からBCH符号へ◎平岡裕章
第3章 BCH符号の復号◎平岡裕章
第4章 ユークリッド復号法◎萩原 学
第5章 通信路容量と通信路符号化定理◎和田山 正
第6章 確率推論による復号とLDPC符号◎内川浩典

第2部 符号理論と産業
第7章 CD-ROMの符号◎萩原 学
第8章 特許登録された符号:ターボ符号◎内川浩典
<コラム> The invention of turbo codes(ターボ符号の発明)◎Claude Berrou(クロード・ベロー)
第9章 標準化の動向──産業界の視点から◎牧 徳達
<コラム> 符号理論と私◎今井秀樹

第3部 符号理論の多様性
第10章 符号理論における確率的手法◎和田山 正
第11章 最尤推定復号の代数構造◎平岡裕章
第12章 噴水符号◎野崎隆之
第13章 ネットワーク符号化と一般化ランク距離◎松本隆太郎
第14章 量子誤り訂正符号◎萩原 学
<コラム> Development of Quantum Error Correction(量子誤り訂正の開発)◎Robert Calderbank(ロバート・カルダーバンク)
第15章 形式的な符号理論に向けて◎Reynald Affeldt(レイナルド・アフェルト)
第16章 置換符号◎萩原 学


ちなみに表紙(日本評論社さんの書籍紹介ページより)はこちら:
shinka
かっちょ良いでしょ。

気になる方は、公式ページ(こちら)をご覧ください。


講演予定: ISITA2014

国際シンポジウム ISITA2014にて一般講演します。

場所はメルボルン(オーストラリア)。

私の講演タイトルは
 On the Primitive Polynomial as the Characteristic Polynomial of a Symmetric Companion Matrix
 Manabu Hagiwara, Takaaki Sasaki
です。
拡大体の元を部分体上の行列で表示する時に、対称行列だけ用いるという話。
かなり、数学チックな話にしました。

あと、共著が1本。
 Formalization of the Variable-Length Source Coding Theorem: Direct Part
Ryosuke Obi, Manabu Hagiwara, Reynald Affeldt

こちらは、情報理論の形式化の話。
可変長情報源符号化順定理の形式化の解説です。

余談ですが、メルボルンに行くのは
12年ぶり。
産まれて初めて行った海外。それが、メルボルンでした。

その時は、メルボルン大学で開催された
国際会議 FPSACにて、ポスター発表しました。

あの頃を思い出すのかどうか。

楽しみ。


講演予定、出張予定 9月1日~10日

9月
1日(月) 東大本郷キャンパス。聴講「Special JFLI Seminar on formal proofs in Coq」。
リンクはこちら

3日(水)~5日(金) 山口県、湯田温泉。研究集会「組合せ論サマースクール2014(COS2014)」にて招待講演「疎構造やモダン符号の形式化で感じた組合せ論への期待」
リンクはこちら

6日(土)~10日(水) 米国、ハワイ大学。打ち合わせ。
千葉大学理学部数学・情報数理学科とハワイ大学数学科の学生交流(留学制度)の立ち上げ。
千葉大学から2名、ハワイへ1か月派遣。(9月6日~10月5日)

以上。
ただの列挙になっちゃったので、
おまけの写真。
写真 2014-08-13 13 56 48
先日の夏休みに、北海道へ家族旅行したときの1枚。