世界遺産

研究を仕事にしていると、
国内外問わず、
あちこちを飛び回る機会に恵まれます。

例えばシンポジウム。
シンポジウムの開催地は、
いわゆる名所的な場所が選ばれる傾向にあります。

行きたい!と思う人が多いと、
シンポジウムでの講演の質が高まる傾向にあるようです。

講演数に限りがある状況で、講演希望者が増えると、
質の良いものが選定されることになるから
だと思います。

名所的な場所として代表的なものが
世界遺産
です。

僕もシンポジウム等の都合で、
 モン・サン=ミシェル
 サグラダ・ファミリア
 カサ・ミラ
 アーヘン大聖堂
 昌徳宮
 斎場御嶽
 宗像大社
 厳島神社
 原爆ドーム
 教王護国寺
 清水寺
 東大寺
などなど、様々な世界遺産を見学する機会に恵まれました。

昔は、地理的なものとか歴史的なものに全く興味が無かったのですが、
あれこれと直接触れていくうちに、
 関連する知識があった方がより面白く観られるのでは
と考えるようになりました。

成長したんですかね。>自分

というわけで、少しずつですが、
世界遺産を中心に地理とか歴史の勉強を始めています。
目指せ、知的文化人。

世界遺産に選ばれる対象は
 顕著な普遍的価値を持つ不動産
なんですって。
だから、エベレストみたいに地球の歴史がわかる山も
世界遺産に選ばれたりしてるようです。

#補足:
#エベレストはちょっと掘ると、貝殻とか出てくるんですって。
#つまり、昔は海の中の土地だった。
#それが地層のひずみで隆起して、世界一高い山まで押し上げられた。
#地球の歴史、凄いぜ!
#って話らしいですよ。

そのうち、チバニヤンによって、
市原市の地層が世界遺産になりそう。
わくわく。

世界遺産って、検定とかあるみたいです。
勉強が続いたら、受験してみようかしら。
なんて言ってると、ある日、突然飽きて、
勉強しなくなるのが僕なのですが。


時間があるのか時間がないのか 誤解 全て誤解だ

あら、前回の記事から4か月経ってる。

ここまで間が空くと、
何を書いたら良いのかわからんもんですな。

とりあえず宣伝しなければならぬのは、
本を書きました。

 タイトル:Coq/SSReflect/MathCompによる定理証明 ~フリーソフトではじめる数学の形式化~
 出版社:森北出版
です。

コンピュータを使って定理を証明しちゃおう
って話です。

専門的な言葉で言うと
 SSReflectの入門書
的な位置づけです。

良かったら SSReflect本 って呼んでね。

出版社による公式HP(?)はここをクリックです。

表紙はこんな感じ。

可愛いでしょ。


映画は、あんまり観れてないのですが、
時々見てます。

最近観たものは
 ・ゲティ家の身代金
 ・サバービコン 仮面を被った街
 ・映画 プリキュアスーパースターズ!
 ・羊の木
 ・(チャップリンの)独裁者
 ・監獄の首領
 ・殺人者の記憶法
 ・静寂の森の凍えた姉妹
 ・x + y
 ・Too Young To Die
 ・NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム
 ・スリー・ビルボード
 ・IT “それ”が見えたら、終わり。
 ・バリー・シール/アメリカをはめた男
 ・Battle of Sexes
 ・I, Tonya
 ・ガール・オン・ザ・トレイン
 ・グレイテスト・ショーマン
 ・嘘八百
です。
覚えている範囲です。
ちなみに、この順番は思い出した順です。


ドラマも観てます。
今年観たもの、観てるものは

 ・Nobel
 ・99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ
 ・相棒
 ・コンフィデンスマンJP
 ・シグナル

くらいでしょうか。
どれも面白いです。
一番上のNobelは、海外ドラマで、日本と海外の違いを考えさせられる逸品です。
最下の2つは、現在(5月16日)も継続放送中です。気になる方は是非。

デンマークとスウェーデンで1月から放送が開始された The BRIDGE が観たいのですが、
日本での放送はいつからだろう。
観たら泣くだろうな。たぶん。泣く。そして、無力感・脱力感に襲われるだろうな。たぶん。


2018年、新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

萩原です。

「一年の計は元旦にあり」
の意味を勘違いしていました。
どう勘違いしていたかは内緒。

ちなみに正しい意味は
 1年の計画・目標は1月1日の朝のうちに立てましょう
です。

というわけで私の2018年の目標は
・趣味や興味のあることに時間を割く。
・数式をこねくりまわす技術を身につける。
・海外出張を充実させる。
・健康診断や人間ドックで悪いところが見つからないようになる。
です。

2018年もよろしくお願いします。