日程 2016年8月31日(水) 〜 9月2日(金)
会場ニューハートピア (佐賀県武雄市)
主催 電子情報通信学会 情報理論とその応用サブソサイエティ
併催 電子情報通信学会 情報理論研究会
実行委員会 細谷 剛(東京理科大学,委員長), 中島 規博(東京電機大学), 野崎 隆之(山口大学),
萩原 学(千葉大学), 廣友 雅徳(佐賀大学), 堀井 俊佑(早稲田大学), 三宅 茂樹(NTT 未来ねっと研究所), 八木 秀樹(電気通信大学), 安永 憲司(金沢大学)

 

開催趣旨

本年の実施形態

スケジュール

7月 1日(木) ワークショップ講演申込/参加申込/宿泊・懇親会申込 受付開始

8月 3日(月) ワークショップ講演申込/参加申込/宿泊・懇親会申込 締切

8月31日(水)〜9月2日(金) ワークショップ開催

特別講演

以下の特別講演を予定しています(敬称略).


特別講演1: 原田 康祐(株式会社東芝ストレージ&デバイスソリューション社)
【題目】 Hard Disk Driveの高記録密度化を目指す信号処理方式の最近の動向
【概要】 近年のHard Disk Drive(HDD)は,Solid State Drive(SSD)に代表される半導体ストレージから攻勢を仕掛けられている. SSDから見たHDDの利点は,記録されるビット単価の安さであること他ならない. しかし現在,HDDのビット単価を下げるために必要な記録密度の向上が激しく鈍化していることが大きな問題となっている. この問題に対し,HDDの記録密度向上を狙う記録再生信号処理方式として,瓦書き記録(Shingled-Writing Recording: SWR)と二次元磁気記録(Two-DimensionalMagnetic Recording: TDMR)の研究開発が進められている. 本発表では,これら新記録方式の概説と,新方式実現の仮定の下で検討が可能となる現実的な二次元拘束符号化と等化方式を提案し,提案法による記録密度向上効果について示す.


特別講演2: 小林 学(湘南工科大学)
【題目】 マルチコンピュータシステムの故障診断問題と誤り訂正符号
【概要】 近年大規模コンピュータシステムによる並列計算や,1台のGPUに多数のコアプロセッサが入っているマルチプロセッサシステムが盛んに利用されている. このようなシステムに対して,プロセッサの故障を診断するシステムは古くから研究されている. 本講演ではこの故障診断問題と誤り訂正符号の関係を解説し,LDPC符号の復号法を応用した故障診断法,並びに密度発展法を用いた故障診断システムの評価手法について述べる.

入門講演

以下の入門講演を予定しています(敬称略).


入門講演1: 藤沢 匡哉(東京理科大学)
【題目】 代数曲線符号とその高速復号法について
【概要】 代数曲線符号は代数曲線に基づいて定義される符号のクラスであり、優れた符号を構成できることで知られている。 本講演では、代数曲線符号の高速復号法であるBMSアルゴリズムを解説し、最近の結果である多点代数曲線符号への適用について紹介する。

若手講演

以下の若手講演を予定しています(敬称略).


若手講演1: 阪井 祐太(福井大学)
【題目】 ポーラ符号への入門
【概要】 Arikanが考案したポーラ符号は,低計算量な符号化・復号化法によって2元入力無記憶通信路の対称通信路容量を達成することが厳密に証明された2009年以来,盛んに研究されている. ポーラ符号では,有限代数系上の演算による情報量(たとえば,条件付きエントロピーなど)の変化が重要であり,情報理論的な関心も高い. 本講演では,ポーラ符号の基本的な理論と符号構成法の例を軸に,ポーラ符号研究の基礎を紹介する.


若手講演2: 瀧田 愼(神戸大学)
【題目】 シンボルペア通信路に対する誤り訂正符号
【概要】 シンボルペア通信路は高密度かつ高速な磁気記録媒体の読み取り通信路をモデル化したものである. この通信路では隣接して記録されている二つのシンボルを同時に読みだすことを考えている. 本講演では,シンボルペア通信路を紹介した後,その通信路に対する誤り訂正符号の構成方法と復号法に関する既存研究や最近の研究状況を紹介する.

会場へのアクセス

会場: ニューハートピア

会場へのアクセスの詳細はこちらをご覧下さい.

お問い合わせ

本ワークショップに関するお問い合わせは,実行委員長 細谷 HOSOYA@rs.tus.ac. (@より前を小文字にして末尾にjpを付加して下さい)宛てにお願いします.


ECCW2012  ECCW2013  ECCW2014  ECCW2015