日程 2018年9月3日(月) 〜 9月5日(水)
会場清温荘 (岩手県盛岡市)
主催 電子情報通信学会 情報理論とその応用サブソサイエティ
併催 電子情報通信学会 情報理論研究会
実行委員会 堀井 俊佑(早稲田大学,委員長), 高田 豊雄(岩手県立大学), 中島 規博(名古屋工業大学), 野崎 隆之(山口大学), 細谷 剛(東京理科大学), 安永 憲司(金沢大学)

 

開催趣旨

本年の実施形態

会場について

場所

会場: 清温荘

アクセス方法

アクセスの詳細はこちらをご覧ください.

盛岡駅から公共交通機関で清温荘に向かう方法 岩手県交通バス 繋鴬宿線,繋温泉下車 時刻表は以下の URL で御覧頂けます. こちら

9/3 無料送迎バス予約について

昼食について

スケジュール

依頼講演

以下の依頼講演を予定しています(敬称略).


依頼講演1: 松本 隆太郎(名古屋大学)
【題目】秘密分散法における量子超越性の符号理論にもとづく探求
【概要】量子超越性とは、古典物理学にもとづく情報処理では実現出来ないが量子力学にもとづく情報処理では実現出来る有用な性質の総称である。そういう量子超越性は今までにいろいろ報告されているが、講演者は秘密分散法のアクセス構造においても存在することを[[5,1,3]]量子誤り訂正符号による具体例を一つだけ挙げることで示した。しかし、秘密分散法のアクセス構造における量子超越性が他にも存在するのかどうか明らかではなかった。本講演では、秘密分散法のアクセス構造の非存在定理と特定のパラメータを持つ量子誤り訂正符号の存在を組み合わせてアクセス構造における新たに見つかった量子超越性を報告する。


依頼講演2: 熊野 裕太(東芝メモリ)
【題目】TBA
【概要】TBA


依頼講演3: 堀井 俊佑(早稲田大学)
【題目】分散符号化計算の基礎(仮)
【概要】TBA


ISIT論文紹介セッション

第7回誤り訂正符号のワークショップでは,企画セッションとしてISIT論文紹介 セッションを設けます.

お問い合わせ

本ワークショップに関するお問い合わせは,実行委員会アドレス ECC-WS2018@list.waseda. (@より前のアルファベットを小文字にして末尾にjpを付加してください)宛にお願いします.


ECCW2012  ECCW2013  ECCW2014  ECCW2015  ECCW2016  ECCW2017